萬翠荘ブログ

萬翠荘 ホームに戻る萬翠荘ブログ

このページでは、萬翠荘の主なみどころ以外の普段は見られないみどころや、説明されないと分からないみどころなどにスポットを当て、不定期でより詳しく萬翠荘をご紹介していきます。

最新の5件

松山北ライオンズ月例会

2012年10月25日(木)|カテゴリ:萬翠荘日記

朝晩涼しくなりましたmaple

食欲の・・・いいえ、芸術の秋ですねhappy01

萬翠荘では昨日24日、

「松山北ライオンズ月例会」が開催されました。

皆様、熱心に会議していらっしゃいます。

20121025-1.JPG

 

 

 

続いて、萬翠荘の八木館長が大礼服で登場!

萬翠荘の説明をさせていただきました。

 

20121025-2.JPG

 

 

 

 

 

 その後は・・・note

素敵なバイオリンとピアノのコンサートが開催されました。

萬翠荘らしい優雅な午後のひとときですconfident

20121025-3.JPG

萬翠荘ではいろいろなイベントが開催されています。

芸術の秋を満喫しに、皆様も是非、萬翠荘にお越しくださいね。

riceball 

俳句の殿堂!

2012年10月04日(木)|カテゴリ:イベント

20121004-4.JPGこんにちわhappy01

文学のまち松山。

俳句のまち松山。

そんな松山に立つ萬翠荘には、

「俳句の歴史館」と名のついた部屋が2つあるのです。

 

20121004-1.JPGこのお部屋には、

全国の俳句結社 主宰の色紙展を

開催しております。

 

本日、10/4新たな結社の主宰のみなさまに

ご協力を得て、

俳句の殿堂 色紙展が

パワーアップいたしましたshine

 

 

秋到来...

2012年09月22日(土)|カテゴリ:萬翠荘日記

20120922-4.JPG9月に入ってから、

だいぶ涼しくなりましたね。

 

萬翠荘の庭園では、

ツクツクボウシが鳴いています。

赤とんぼも飛び回っていますmaple

 

←花が咲きました!わかりますか?

 

坂道を上がってくると、

愛松亭の石碑がたっています。

(この話は、また詳しく書きましょう)

 

石碑の足元に白い彼岸花がさきました。

彼岸花は、赤い花がほとんどなので

白い花は稀ですね。

20120922-1.JPG

 

10月になれば

金木犀や銀木犀が咲きますよhappy01

 

食欲の秋、スポーツの秋、

文学の秋。

 

 

萬翠荘にも秋到来。

 

萬翠荘facebook始めました!

 

ribbon

萬翠荘のイベント

2012年09月17日(月)|カテゴリ:イベント

皆様もご存知のとおり、萬翠荘ではいろんなイベントを開催しています。

昨日と一昨日は2日続けてコンサートでしたnote

部屋によって全く違う雰囲気を持つ萬翠荘の様子をちょっとだけ

ここで紹介させていただきますね。

10120917-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 20120917-2.JPG

 

「晩餐の間」で開催された箏コンサート

 

洋館ですが、和の箏と調和してエキゾチックな雰囲気。

照明を落とした部屋に
水晶のシャンデリアがひときわ輝いていますshine

 

 

20120917-3.JPG

 

「謁見の間」で開催されたピアノコンサート

白く明るい部屋は大正時代の社交場を彷彿とさせます。

 

 

 

 

 

 

この2部屋を使って本日から萬翠荘では夢冬会さんによる能面展が始まりました

洋館で能面展・・・

どんな様子なのか気になる方、是非お越しくださいね

happy01

 

riceball

 

池坊いけばな展

2012年09月08日(土)|カテゴリ:イベント

20120908-3.JPGこんにちわhappy01
9/8(土)、9/9(日)二日間開催される

「いけばなの根源 池坊 めぐりあって三人展」のお知らせです。

先日の南海放送ラジオ「萬翠荘アワー」でもご紹介したのですが、
なんと先生がたまたま聞いてくださっていて とても喜んでくださいましたribbon

本日8日(土)10時からのスタートと同時に
たくさんの方がご来場され先生方がひとつひとつの作品を説明され、
皆様「とてもよかった」「感動しました」とおっしゃっていましたよ。

いけばなの根源 池坊 550年の歴史を継承されている
日本文化としての いけばな を皆様もぜひご覧になっていただきたいと思います。

 

9月8日(土) 10:00~17:00

9月9日(日) 10:00~16:30 

萬翠荘 謁見の間・晩餐の間 入場無料です。

写真の作品は、華道家元池坊の当代家元が現代感覚に合った花型として始められた
「立花新風体」です。

他にも20点以上の作品が展示されています。

ribbon

 

<<前のページへ 4567891011121314
このページの先頭へ